2013年10月22日

履き慣れたウェッジパンプスを履きつぶし、いい加減哀れな状態になってしまったので
新しく似たような靴を買おうと思い、
今月初め頃、いつも大変お世話になっているニッセン
リゲッタ 選べるヒールのコンフォートパンプス(7cm)を買いました。


写真では光の加減で、色がゴールドやブロンズに見えますが、メタリックを購入。

Re:getA(リゲッタ)は、ネットやTVショッピングでもよく見かける靴で、
履き心地の良さ、ヒールである事を忘れる安定感、疲れにくさなどで定評があります。
ニッセンじゃなくても買えるのですが、
「リゲッタ初のアーモンドトゥデビュー。より女性らしいフォルムへ。」という文言、
特に「女性らしいフォルム」に惹かれてしまったのです。
リゲッタのパンプスはラウンドトゥというイメージしかなかった。
そんなに真剣に探したわけではないけれど、リゲッタのアーモンドトゥは他では見なかったので
思わずニッセンで買ったわけです。

私の足は段平で、物によっては4Eでないと入らなかったりする
まるで足ヒレのような、
前世はアシカやオットセイなどの鰭脚類だったんじゃないかというような、
そうは言っても現世はトドじゃないかというような、そんなお御足。

ですから、昔から靴選びには苦労していました。
靴は実際に履いてみないと分からないものですが、実店舗でも私の足に合う靴には滅多に出会えないです。
そういった点で、ニッセンは幅広の靴が豊富な上、返品&交換もできるので大変有り難く利用させてもらっています。

さて、リゲッタの履き心地ですが、
ウェッジヒールで7cmと高めですが、評判通りの安定感で疲れにくく、これなら9cmでもいけるかも!と思えます。
幅広の私の足でも大丈夫でした。
もちろん、下ろし立ての履き始めには若干の締め付け感はありましたが、
少し歩けばフィット感に変わり、問題ありませんでした。
また、リゲッタはインソールがウリのひとつみたいですけど、
左足はジャストフィットで気持ち良かった。
ただ、私の右足は利き足のせいか左足より厚みがあり、
下ろした日だけですが、朝から一日中履いていて浮腫みもあったのかもしれないけど、
インソールの“土踏まず”部分が、夕方には私の土踏まずに刺さる感じになって痛くなり、
急きょ百均でインソールの土踏まず部分に貼るクッションを買って貼り付けたら、痛みも和らぎ歩きやすくなりましたが、家に帰って見てみると、土踏まずに水ぶくれが…。
生まれて初めてですよ、土踏まずが靴擦れなんて。
でもこれは、靴のせいじゃなく、私の特異な足のせいなのです。
土踏まずの当たりはその日だけで、次からはインソールが足の裏にちゃんと馴染んでいました。

昔からいつもそうです。
足に合った靴はなかなかなく、靴に合わせてもらうから、
大抵痛みがつきものという可哀相な足です。

そんな事より何よりも!
後悔していることがひとつあります。

やっぱり「ラウンドトゥ」にしておけばよかった!!

アーモンドトゥが女性らしいフォルムっていうのを鵜呑みにしちゃったけど、
女性らしいというより、オバサン臭い。
私がオバサンだから?
そもそもリゲッタ自体がオバサン臭いのか?
それにしてもだ。
最近またアーモンドトゥが多くなってきているにしても
リゲッタのアーモンドは私には似合わない気がしてならない。

まぁ、おばさんが何を履いた所で、どこからどう見てもオバサンなんですけど。

お財布と相談して、近いうちにリゲッタパンプスをラウンドトゥでリベンジしてみようかと思う今日この頃です。

- ニッセンで商品検索してみる -

リゲッタパンプス いろいろ(Amazon.co.jp)
リゲッタパンプス いろいろ(楽天市場)



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。