2013年11月05日

連休中、所用で長野に行ってきました。
高速道路からの景色は、紅葉するにはもう少し先のようでした。
朝早く家を出たこともあって、道は思いのほかスムーズ。
このまま行けば予定より早く着き過ぎてしまうし、
単調な高速道路を走るだけではつまらないので、
途中、高速を降り、碓氷峠(群馬県安中市)の旧道を走ることにしました。

バイパスができてからは、もっぱら新しい道を使っていたので
久しぶりの旧道です。
碓氷峠の紅葉は、おそらく、今週中に盛りを迎えるのではないでしょうか。
標高が高くなるほどに紅葉の色も濃くなり、
200ほど(それ以上?)あるカーブを美しい秋色が包んでいました。


写真は碓氷湖。
朝8時半頃でしたが、既に多くの人がここに立ち寄り秋の景色を愉しんでいました。

そこから、もう少し行くと
国の重要文化財、日本最大の煉瓦づくりのアーチ橋「めがね橋」があります。
明治時代から昭和38年までアプト式鉄道を支えてきたそうです。



ここにも大勢の人が路肩に車を止め、橋を見上げては写真に収めていました。
現在は廃線敷が遊歩道になっていて、横川駅〜熊ノ平駅までの約6kmを歩く事ができるので
めがね橋を歩きながら展望する人の姿も見えました。

碓氷峠を超えたあとは、軽井沢を抜け長野まで。
軽井沢の紅葉も大変美しかったです。
言葉でも絵の具でも私には表現しきれない「赤」でした。
この辺りに別荘があったらいいのにな…なんて思ったり。

出不精の私は、こういう場所になかなか足を運ぶ気にならないのだけど
一旦外に出てしまえば、「ああ、来て良かった!」と思うのです。
いやらしい言い方だけど、本当は「生(なま)の景色を肉眼で見て焼き付ける」のが一番なのです。

今回は、私が出かけなきゃいけない時と、絶好の紅葉日和がたまたまぶつかって良かったです。
そうでなきゃ、当分生の紅葉を愉しむ事はなかったでしょう。

ただ、家に帰ると「ああ、やっぱり家が一番!」って思うんですけどね。



お部屋で紅葉を愉しむなら 紅葉BGV(background video)


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。